サイトマップ

総量規制の対象外のカードローン

2010年に完全施行された貸金業法には、個人向けカードローンを対象とした総量規制が加えられています。その内容は、借入の総額は年収の3分の1までに制限するとなっており、安易な利用を防ぐ事を目的としています。貸金業法は、消費者金融やクレジットカード会社等の貸金業者に対しての法律であり、違反した場合は行政処分の対象となります。

 

総量規制が施行された事により、これらの業者が提供している個人向けカードローンは、年収の3分の1以上の借入残高がある多重債務者や自身では収入を得ていない専業主婦は、新規借入が出来なくなっています。ただし、全ての個人向けカードローンを利用できなくなったわけではありません。

 

銀行は、貸金業者として分類されていない金融機関であり、貸金業法による規制を受ける事はありません。このために、銀行の個人向けカードローンは、総量規制の対象ではありません。専業主婦も対象に含んでいる商品が提供されています。年収の3分の1以上の借入残高がある人も、審査の申し込み段階で除外される事はありません。イオン銀行カードローンは専業主婦でも借りられます

 

また、返済を軽くするための借り換えローンは、貸金業者の商品であっても総量規制の対象外です。これは、借り手にとって有利な条件の契約になるからです。